カラスアゲハ- アゲハチョウ科 -

カラスアゲハ1
分布
カラスアゲハは北は北海道から南は九州まで、日本全国の広い範囲に分布しています。
生息場所
山から平地にかけての森林地帯や緑が豊かな都市公園などに生息しています。
季節
5月~9月
成虫は春の終わりから秋の始めまでの暖かい時期に活動しています。
カラスアゲハ2
その他の名称
烏揚羽
英名:[Chinese peacock]
学名:[Papilio bianor]
開張
45~80mm
食べ物
カラスザンショウ、キハダ、コクサギ、サンショウ、栽培ミカン類などの植物を食べます。
越冬態(えっとうたい)
サナギ
特徴
カラスアゲハは名前の「カラス」の部分のイメージ通り全身が真っ黒な大型の蝶ですが、上記の写真のように表面には青緑色に光り輝く美しい鱗粉が羽の非常に広い範囲に広がっています。

カラスアゲハの羽の裏側には羽の中ほどから外側にかけて放射状に伸びた白色の模様があり、後翅には三日月形の赤色の模様が複数見られます。

カラスアゲハは日中、やや高い位置を飛びながら素早く移動し、クサギ、ツツジ類、ネムノキなどの植物の花に止まり、オスは湿地や渓流などの水のある場所で吸水を行う為、そのような場所には多くの個体が集まる事もあります。

尚、カラスアゲハは良好な生息状況を保っている蝶で、多くの個体が日本国内の様々な場所に広く分布しています。
カラスアゲハの近似種としてはミヤマカラスアゲハやオキナワカラスアゲハ、ヤエヤマカラスアゲハがあげられます。