モンシロチョウ- タテハチョウ科 -

モンシロチョウ成虫
分布
モンシロチョウは日本全国に広く分布しています。
生息場所
畑など。
季節
3月~11月
春から秋にかけて活動しています。
モンシロチョウ幼虫
その他の名称
紋白蝶
学名:[Pieris rapae]
開張
45~50mm
食べ物
幼虫は主にキャベツなどアブラナ科の植物の葉を食べます。
越冬態(えっとうたい)
蛹(さなぎ)
特徴
モンシロチョウは独特の匂いを持つ、菜の花に好んで集まる蝶で、幼虫はキャベツなどの菜の花と同じアブラナ科に属する植物の葉を好んで食べる為、キャベツを栽培している場所には多く集まりますが、専門の農家などのキャベツ畑では農薬を使っている為、モンシロチョウは見られません。

モンシロチョウは夏型と春型に分かれており、春型は夏型に比べて黒い紋が薄い事が特徴です。また、日光のよくあたる広い場所に集まりやすいようです。

モンシロチョウは人間には見えない紫外線が見えると言われており、その理由は人には容易に違いを見つける事が難しいモンシロチョウのオスとメスを簡単に見分けている事から、そう推測されています。
また、モンシロチョウは紫外線が見える代わりに人で言う所の「赤色」が見えていないと言われています。

モンシロチョウの孵化直後の幼虫は自分が入っていた卵の殻を食べ始めます。また、モンシロチョウが成長過程で変態する蛹は緑色と茶色の2種類がいます。