バッタの仲間
このページではバッタの仲間の種類を五十音順に並べて、ご紹介しています。
詳細な情報を調べる際は名前をクリックしてください。
な行
は行
ま行
や行
ら行
バッタの仲間としては「バッタ」「コオロギ」「キリギリス」などが代表的な種類で、基本的には草食性の昆虫となっていますが中には肉食性の昆虫や雑食性の種類も含まれています。
主なバッタの種類としては「トノサマバッタ」「ショウリョウバッタ」「イナゴ」などが有名で、コオロギ科の中には「スズムシ」や「マツムシ」「ケラ」が属しています。
また、キリギリス科にもカマドウマなど特徴的な昆虫が属しており、バッタ目の昆虫の中では人気のある昆虫だと言えるでしょう。

多くのバッタの一生は、まず土の中に産みつけられた卵から、孵化して地上にあらわれ、幼虫としてしばらく生活したあと、最後の脱皮である羽化をして、成虫になります。
上記の流れを見て分かるとおり、バッタはさなぎになるという過程を経ない「不完全変態」によって成虫になる昆虫で、その点ではトンボなどと同じです。

尚、このページでご紹介させていただいているバッタの仲間とは主に「バッタ目」に所属する昆虫を指していますが、カテゴリ分けの都合上、ナナフシなどのバッタ目に属していない昆虫も一部含まれていますのでご了承ください。