コウチュウの仲間
このページではコウチュウ目の昆虫の種類を五十音順に並べて、ご紹介しています。
詳細な情報を調べる際は名前をクリックしてください。
このカテゴリでは甲虫目(こうちゅうもく)に属する昆虫をカブトムシをはじめ、クワガタムシ、ハンミョウ、オサムシ、ゲンゴロウ、ガムシ、シデムシ、ハネカクシ、カツオブシムシ、コガネムシ、ホタル、タマムシ、コメツキムシ、テントウムシ、カミキリムシなど、幅広くご紹介しています。

世界には約37万種という膨大な数の甲虫(コウチュウ)が生息しており、日本国内にも約1万種が生息していると言われていますが、このページでは日本に生息しているものを中心にコウチュウの仲間の一部を抜粋して掲載しています。
コウチュウの仲間には堅い前羽や堅い皮膚で体全体が覆われているという特徴がありますが、多くの種は堅い前羽の下に隠れている薄くて軽い、後ろ羽を使って飛びます。
また、甲虫の生態としては卵として産み落とされたあと、幼虫になった後、蛹(さなぎ)へと変化し、ようやく成虫になるという完全変態(かんぜんへんたい)という成長過程をたどっていく事でも知られています。

尚、カブトムシは日本には別名ヤマトカブトとも呼ばれている1種類しか原生種は存在しませんが、世界には有名なヘラクレスオオカブトやコーカサスオオカブトをはじめ、多くの種類のコウチュウが存在しています。
また、熱帯に住むコウチュウ(甲虫)の多くは体が大きいという特徴を持っています。